現代佛師による図像抄 Wii LOVE BUDDHIST IMAGE

samantabhadra.jpg

尊像

img778.jpg

尊像在所

* 普賢菩薩騎象像 - 清涼寺(京都府):重要文化財

 ク ラ ス : 釈迦三尊、普文二量尊、普賢延命応現摂化
 真   言 : オン サンマヤ サトバン
 種   子 : aM
 三昧耶形: 蓮華、如意、経巻、五鈷杵、五鈷鈴
 御 利 益 :人にやさしくなれる程度のご利益、全世界が涙する程度のご威光

 釈迦如来の表わす「慈悲」の究極的具現体であり、仏の理性を内応機関とするため、諸菩薩の中でも最上位の階梯に属する。
 文殊菩薩とともに釈迦如来の脇侍を務め、"Buddha Trinity (釈迦三尊)"を形成する。
 慈悲を司り、金剛薩埵に劣らぬ菩提心を持つ。釈迦如来との誓約により、菩提心を持とうとする者を六牙の白象に乗り、守護する。
 胎蔵界曼荼羅では中台八葉院、文殊院に位相応現し、金剛界曼荼羅では賢劫十六尊として成身会、微細会、供養会、降三世会に現われる。

 諸仏に対して十大誓願というプロパガンダ(大言妄語)を発することで、高位の階梯を得、他の追随を許さない菩提心を手に入れた。
 だが、普賢菩薩自身は十大誓願を忘れないため、誓願を名につけた十頭の白象を飼っている。
 すなわち、
 礼敬諸仏(仲間を大切にする)
 称讃如来(師を敬う)
 広修供養(仲間への供出を惜しまない
 懺悔業障(悪い行いを悔いる)
 随喜功徳(施しを素直に喜ぶ)
 請天法輪(知恵を請う)
 請仏住世(師を招く)
 常随仏学(常に師に従って学ぶ)
 恒順衆生(衆生の心に耳を傾ける)
 普皆廻向(みんなで仲良くやろうぜ!)
 さらに、この十大誓願は、「この世のすべてが尽きるとも、これら願いは尽きることなし」という咒言結界を張られている。

 峨眉山に住す。
 自らの慈悲で天女応現化した十羅刹女を眷属としてハーレムを成す。
 このように普賢菩薩が鬼神であった十羅刹女を美しい天女として応現化したことから、女性からの信仰を集めることとなった。
 このため普賢菩薩は女性の守護尊と見られる向きもある。
 だが本人は女嫌い。
 竜女(8歳)を除いて。
 十羅刹女に追い回される日々を疎ましく思う。

 慈悲を表す御仏である割には、その尊像は皮肉めいた表情をする美しき悪党顔である。