現代佛師による図像抄 Wii LOVE BUDDHIST IMAGE

majuzri.jpg

尊像

img776.jpg

尊像在所

* 文殊菩薩騎獅像 - 清涼寺(京都府):重要文化財

 ク ラ ス : 釈迦三尊、普文二量尊、賢劫十六尊
 真  名 : 文殊師利
 真   言 : オン シロキエン
 種   子 : Sri
 三昧耶形: 智剣、梵篋、経巻、蓮華、金剛杵蓮台
 御 利 益 :通常の3倍の智慧を発揮できる程度のご利益

 釈迦如来の表わす「智慧」の究極的具現体であり、仏の法性を内応機関とするため、諸菩薩の中でも最上位の階梯に属する。
 普賢菩薩とともに釈迦如来の脇侍を務め、"Buddha Trinity (釈迦三尊)"を形成する。
 智慧を司り、維摩に劣らぬ方便を持つ。釈迦如来との誓約により、方便を持とうとする者を白獅子に乗り、守護する。*1
 胎蔵界曼荼羅では中台八葉院、文殊院に位相応現する

 五臺山(清涼山)に住す。
 自らの智慧で男娘(オトコノコ)応現化した竜女(8歳)を眷属とする。すなわち稚児文殊という。
 『般若経』の編言者でもある。

 文殊菩薩の智慧の階梯は髻(もとどり:結われた髪)に現われ、一髻、五髻、六髻、八髻が存在し、またその能力はそれぞれ増益、敬愛、調伏、息災を意味する。ここで描かれているのは一髻を持つ一字文殊である。文殊菩薩の究極階梯として無髻(剃髪頭)があり、その能力は増益、敬愛、調伏、息災すべてを意味する。これを聖僧文殊(しょうそうもんじゅ)という。

 普賢菩薩からは「妙徳」「妙吉祥」と呼ばれている。
 普賢菩薩とは兄弟であるとも言われるが、文殊菩薩は否定も肯定もせず、普賢菩薩は完全に否定している。

 ※ 三句の法門:大乗仏教の基本教理。
   菩提心(真理、平等、探究心)を因とし、大悲(愛、平和、美しさ、調和)を根とし、方便(知恵、創造、成長)を究竟とする。