現代佛師による図像抄 Wii LOVE BUDDHIST IMAGE


चंद्रप्रभ Candraprabha

candraprabha.jpg

尊像

img717.jpg img715.jpg

尊像在所

* 月光菩薩立像 - 教王護国寺(東寺) 金堂(京都府):重要文化財

 ク ラ ス : 薬師三尊、日月輪二量尊
 真   言 : オン センダラ ハラバヤ ソワカ
 種   子 : ca
 三昧耶形: 月輪
 印   契 : 転法輪印
 御 利 益 :薬師如来への祈願をより良く伝え、如来のご利益を相乗させる程度のご利益、月の痛みを和らげる程度のご利益

 仏界は東方に在する薬師瑠璃光浄土に住し、薬師如来の教説(病苦を癒す)を輔弼する役目を担う。
 千の月明を持ちて、日光菩薩の功徳が届かぬ夜闇を照らし、生死や諸苦の闇を消滅させ、清涼なる娑婆を作り出す。
 肌胡粉(ごふん)にして、髪月白(げっぱく)、月桂冠をかぶる。右臂を垂下にて転法輪印を結び、左臂は上揚にて転法輪印を結ぶ。
 日光菩薩とは鏡像形を取り、常に線対称の像を作る。

(尊像出典:『薬師瑠璃光如来本願功徳経』)