現代佛師による図像抄 Wii LOVE BUDDHIST IMAGE

ym_hayagriva2.jpg

 梵   名 : ハヤグリーヴァ [Hayagrīva हयग्रीव]
 ク ラ ス : 馬頭観音応現身
 真   言 : オン アミリト ドハンバ ウン ハッタ ソワカ
 種   子 : haM
 三昧耶形: 白馬冑"ヴェイヤンチーフ" 金剛斧"リサナウト" 金剛杖"ネス" 金剛棒"デュランダル" 未開敷蓮華
 御 利 益 : 病毒に冒されない程度のご利益・怪我に見舞われない程度のご利益(以上人畜共通)、能力の開花に恵まれる程度のご利益、良い畜獣に恵まれる絶対的ご利益、足が速くなる程度のご利益

 八大明王の一尊。
 観音形馬上座、四臂にして右本臂に金剛斧を垂下し、左本臂の未開敷蓮華にて上揚す。右側義臂にて金剛棒を、左側義臂にて金剛杖を持つ。
 明王身が「馬頭観音」の応現鎧装を解除した姿。明王身を佛核として観音鎧装を装着、馬頭観音となる。外装解除時は、観音頭部のみ白馬冑として明王身が戴き、残りの観音鎧装部はヴァーハナである"グラーネ"に変形、これに騎乗する。
 グラーネ時は観音応現解除に伴い、全身を覆う如来由来の「ACS(Absolute Causality Shield:絶対因果律防殻)」から、明王由来の応報防御である「RKB(Rrelative Karmic Backlash)」に移行するため、その体色も変化する。
 馬頭明王は、大元帥明王が無比力夜叉から菩提得心によって明王化したように、梵天の勧請によって大持力夜叉が明王化したものである。
 馬頭観音時と同様、馬の持つ力強さに明王の破邪封滅の威徳を仮託したものであり、病疫、天災、争乱など、人身に仇名す一切の障碍を取り除くといわれる。
 また、狭義の戦馬、広義の家畜の守護尊としても祀られるのも観音時同様である。
 近年では、競技馬の武運健勝を祈願する向きも多く、転じて競馬における勝ち馬祈願をする者も増えている。

(尊像出典:『聖賀野紇哩縛大威怒王立成大神験供養念誦儀』)