現代佛師による図像抄 Wii LOVE BUDDHIST IMAGE

cetaka.jpg

 梵   名 : セイタカ [Ceṭaka]
 ク ラ ス : 不動明王三十六童子
 真   言 : オン ゲルマ セイタカ ウン ハッタ ナン
 種   子 : ce もしくは ta
 三昧耶形: 金剛剣縛日羅(ばざら)、三圏索、金剛棒
 御 利 益 :悪業は悪報に返り善行は功徳に還る程度の助力

 不動明王三十六童子中、八大童子の第8童子、聖不動利益のうち悪報の代行者。
 不動明王のお気に入りで、三尊の場合は矜羯羅童子とともに現れる。三尊では右脇持(向かって左)を勤める。
 肉身紅蓮華にして斬髪(火生宮涅哩底では五髻に結っている)、左手に金剛剣(杵)縛日羅(ばざら)を、右手に羂索、もしくは金剛棒を持つ。
 『秘要法品』で説かれる制吒迦童子の「悪性」とは、不動明王の真の心を知らない衆生に対する容赦ない態度を意味する。
 しかし、本来は非常に理知的な性格を持つ。
 単尊で現れる場合は、白馬(阿路)に乗っているときがある。

(尊像出典:『聖無動尊一字出生八大童子秘要法品』)