現代佛師による図像抄 Wii LOVE BUDDHIST IMAGE

Is_acla_blue.jpg

青蓮院門跡 青不動尊

仏階概観

 梵   名 : アチャラ・ナータ [Acalanātha अचलनाथ]
 寓   処 : 青蓮院門跡
 真   言 : ノウマク サンマンダ バザラダン カン
 種   子 : hāM
 三昧耶形: 倶利伽羅剣、羂索
 御 利 益 :悪業は悪報に返り善行は功徳に還る程度のご利益

尊能諸元

 京都青蓮院の青不動尊が元寇に際して召喚修法に応じ、現界降臨したときの姿。全身を深遠なる群青の暈(くま)に染める。
 本来は二童子を脇侍とし、大磐石上に坐す。
 体色の青(青黒)は最終調伏モードを意味し、矜羯羅・制た迦の二童子を両脇に侍立させる、三角壇のフォーメーションも調伏モード時のものである。また平安時代初頭までは、皇室安寧、国家鎮護のための帝専用AC(アチャラ・コア)と呼ばれる不動尊型兵装であったとされる。