現代佛師による図像抄 Wii LOVE BUDDHIST IMAGE

apt_kundali.jpg

尊像

32_03_20b.jpg
仏像図彙所収

尊像在所

* 絹本著色五大尊像 - 東寺(京都府):平安後期の作、国宝
* 木造五大明王像 - 東寺(京都府):講堂安置、国宝
* 絹本著色五大尊像 - 醍醐寺(京都府):国宝
* 木造五大明王像 - 醍醐寺(京都府):上醍醐五大堂安置、重要文化財
* 木造五大明王像 - 醍醐寺(京都府):霊宝館安置、重要文化財
* 木造軍荼利明王立像 - 大覚寺(京都府):重要文化財
* 木造五大明王像 - 大覚寺(京都府):重要文化財
* 木造五大明王像 - 不退寺(奈良県):本堂安置、重要文化財

仏階概観

 梵   名 : ヴァジュラ・クンダリー [Vajrakuṇḍalī वज्रकुंण्डलि]
 ク ラ ス : 五大明王
 真   言 : オン キリキリ バザラ ウン ハッタ
 種   子 : hūṃ
 三昧耶形: 三鈷杵
 御 利 益 :一切の障害を取り除き、周囲からの信頼を得、万事平穏を呼ぶ

尊能諸元

 五大明王の一尊。火生界は南方を守護する。

 「明王」の尊称は火生界にて三昧するときのものであり、平素は胎蔵生に菩薩として参座する。
 宝生如来来迎の際は明王となって先陣を担い、寄り来る魔羅の類を摧破する。

 通例いわれる「軍荼利(明王)」とは、三尊が存在する「軍荼利」の総称であり、胎蔵生の蓮華部院(蓮華部)に座する尊を蓮華軍荼利、金剛手院(金剛部)に座する尊を金剛軍荼利、蘇悉地院(仏部)に座する尊を甘露軍荼利という。
 明王となって来迎に随従するのは主に金剛である(他二尊が随従しないわけではない)。

 一面三眼八臂にして穏態忿怒形、本臂は胸前で大瞋印※1 を結ぶ。右側第二臂にて三昧耶である三鈷杵を掲げ、第三臂にて剣印を結び、第四臂は施無畏印を示す。左側第二臂は金剛輪を、第三臂は三鈷戟を、第四臂は金剛斧持つ。焔柳怒髪の頭上に髑髏冠を戴き、四肢(腕に赤蛇、足首に白蛇)と体幹(首と腰に青蛇)には蛇甲を巻きつけ※2、虎皮の腰鎧をまとう。金剛蓮華※3 に躍揚す。

※1 慈悲より生まれる慈悲ゆえの瞋怒を意味する。跋折羅(ばさら)印、羯磨(かつま)印ともいう。親指と小指を合わせた拳印は三鈷杵を表し、蛇神をつかんだ手を形容している。これを跋折羅印という。また、交差させた拳印は十字羯磨を表し、これを羯磨印という。
※2 「軍荼利」すなわち、"kuṇḍalī"とは「円環」や「螺旋」など円相を描くものを意味し、それは蛇で以て具象化されている。蛇は循環性(悪循環・永劫回帰)、永続性(永遠・円運動・死と再生・破壊と創造)、始原性(宇宙の根源)、無限性(不老不死)、完全性(全知全能)など、中立的かつ純粋な力の象徴であるため、善にも悪にも振れることから、これを調伏し、全身に巻きつけている軍荼利明王の姿は「煩悩即菩提」(煩悩には仏性に昇華させうる二面性があるとする概念)を表し、すなわち自己の(力もしくは欲の)制御を意味している。
 また、水瓶(水甕 みずがめ)の丸みを帯びた形が「クンダリン」と形容されていたところに、不死の霊薬である「アムリタ」の入れ物としての水瓶と力の象徴である円相「蛇」が結びつき、"kuṇḍalī"が「水瓶」をも表すようになる。それが仏教においては具体的に「甘露軍荼利」として仏格化され、三部軍荼利の一尊となるのである。
※3 蓮華軍荼利は赤蓮華、甘露軍荼利は白蓮華に乗る。

(所依経典:『金剛阿蜜哩多軍荼利菩薩自在神力呪印品』)