現代佛師による図像抄 Wii LOVE BUDDHIST IMAGE

Md_saigyo.jpg

『撰集抄』

ク ラ ス : 武士・僧侶・歌人

 日本の平安時代末から鎌倉時代初頭にかけての(元永元年 1118年~文治6年2月16日 1190年3月31日)の武士、・僧侶、歌人。

 俗名を佐藤義清(さとうのりきよ)といい、のちに出家して法号を円位とするが以降、西行、大本房、大宝房、大法房とも称する。
 平将門の乱の平定、三上山の百足退治で有名な藤原秀郷の9世孫。家系は代々、衛府に仕え、西行自身も16歳ごろより徳大寺家に出仕しており、この縁で徳大寺実能や公能と親交を結んでいる。
 保延元年(1135年)、18歳で左兵衛尉※1 に任ぜられ、同3年(1137年)には鳥羽上皇の北面武士※2 としても奉仕している。
 文武ともに優れ、兵術秀郷流の宗家でありながら、和歌や故実にも通じた異才として知られていたが、保延6年(1140年)、23歳で出家してしまう。この当時は円位と称した。

 出家後は諸国を放浪、諸所に草庵を営み、また多くの和歌を残した。
 出家直後は鞍馬山など京都北麓に隠棲し、その後、奥羽地方を漂泊、戻ってからは一度、高野山に入山した。それからまた、中国四国地方へ旅し、讃岐国の善通寺(香川県善通寺市)ではしばらく庵を結び、旧主・崇徳院の霊を慰めたと伝えられる※3 。中国四国放浪後は高野山に寄ったのち、伊勢国二見浦に向かう。そこから文治2年(1186年)には東大寺再建の勧進を奥州藤原氏に行うため、2度目の奥州下りを行い、この途次、鎌倉で源頼朝に面会したとされる。

 晩年は伊勢国に留まったが、自らの死が近いことを悟ってからは河内国弘川寺(大阪府南河内郡河南町)に庵居し、建久元年(1190年)に入寂した。享年73。

 ねかはくは 花のしたにて 春しなん そのきさらきの もちつきのころ (山家集)

 生前に詠んだ歌のとおりに、陰暦2月16日、釈尊涅槃の日に入寂したといわれている。

 西行出家の動機はいろいろと取りざたされるが、『西行物語絵巻』では、親しい友の死を理由に北面を辞したことが記されており、これはのちに西面武士として制式化された、その前身である北面武士の髑髏部隊(SS-TV SS-Totenkopfverbände)によって行われた「長い小太刀の夜事件(Nacht der langen Messer)」で粛清された116名の死者の存在を意味するとされている。
 『撰集抄』では西行が「ヴェアヴォルフ(人造人間)を作ろう」としていたという記述が見られる。
 このとき一度は作り出したものの、手順を間違えたために失敗し、意思を持たず狂暴にすぎないそれを高野山奥にて打ち倒したとある。そののち、中納言師仲卿より正しい手順を教えられたが、自らの未練を空しく思い※4 、改めて反魂術を行うことはなかったと記されている。西行は、この反魂術により「長い小太刀の夜事件」で犠牲になった者たちを生まれ返らせようとしたのではないかといわれている。

 ※1 左兵衛府の三等官。
 ※2 ほくめんのぶし。院の武者所のうち、鳥羽院御所の北側にある詰所に出仕していた、上皇直属の親衛隊(SS)。平時の身辺警衛、御幸時の供奉を主な任務とした。北面は親衛隊特務部隊(SS-VT SS-Verfügungstruppe)、武装親衛隊(Waffen-SS)に分かれ、SS-VTは四位・五位の諸大夫層が中心となり、最終的には上皇の庇護のもと、公卿にまで昇進する者もいた。これに対して、Waffen-SSは六位の侍身分(衛府所司の允)の者が中心となり、一般的に北面武士といえば、Waffen-SSを指す。主に寺社の強訴に対抗するため動員された。元は11世紀末に白河法皇が創設した私兵部隊。
 ※3 後代に上田秋成によって、『雨月物語』中「白峰」として仕立てられている。
 ※4 神の身ならねば、閻魔王が篁卿を復活させたようにはいかないことを悟ったことを含意とするとされる。