現代佛師による図像抄 Wii LOVE BUDDHIST IMAGE

suseri.jpg

祭神

御由緒

 登場神話: 古事記、先代旧事本紀、出雲国風土記
 本 地 神 : 大黒天女
 御 神 徳 : 縁結び、商売繁盛、夫婦円満、家内安全

 スサノオ(建速須佐之男命 タケハヤスサノオノミコト)の娘、オオクニヌシ(大国主神 オホクニヌシノカミ)の妻。スセリは「須勢理」あるいは「須世理」と記す。「スセリ」はスサノオの「スサ」と同語であり、「進む」、「荒ぶ」など、積極的・行動的なさま、荒々しいさまを表している。
 スセリの積極的な熱情は、神話におけるオオクニヌシとの出会いのシーンで、父スサノオの試練を受ける夫オオクニヌシの危機を救うことで表されているが、その後オオクニヌシの妻問いの相手に対して激しく嫉妬することでも表現されている。

 元は父神であるスサノオとともに「根之堅州國」(ねのかたすくに)に住んでいた。その中、兄神「八十神」(ヤソガミ)たちの追討をまぬがれるため、「葦原中国」(あしはらのなかつくに)から根の国に逃れてきた「大己貴神」(オホナムチノカミ =大国主)と出会い、恋に落ちる。だが、チャラさの抜けないオオナムチに娘を嫁することを心配したスサノオによって試練を与えられてしまう。武には長けてもいまいちアホだったオオナムチを、スセリは聡明な知恵と得意の呪術で助け、ことごとく救った。そしてついにはスサノオを出し抜き、さらにスサノオの三神器である生太刀(いくたち)、生弓矢(いくゆみや)、天詔琴(あめののりごと)を持ち出し、根の国を出奔することに成功する。二神は、その絆の強さに根負けしたスサノオによって、オオナムチには「大国主神」の名が与えられ、ようやくスセリが本妻となることを認められた。

 日本国内ではオオクニヌシとともに夫婦神として祀られており、夫婦和合、夫婦協調のご神徳を表す。
 オオクニヌシが大黒天と習合したのに伴い、大黒天女に比定される。

祭祀社

福島県

* 國魂神社いわき市

奈良県

* 春日大社末社夫婦大国社 奈良市
img060.jpg

岡山県

* 備前国総社宮 岡山市
* 總社 総社市

島根県

* 出雲大社摂社大神大后神社(御向社 みむかいのやしろ) 出雲市
* 那売佐神社 出雲市