現代佛師による図像抄 Wii LOVE BUDDHIST IMAGE

hayagriva.jpg

 ク ラ ス : 六観音
 真   言 : オン アミリト ドハンバ ウン ハッタ ソワカ
 種   子 : haM
 三昧耶形: 白馬頭"ヴェイヤンチーフ" 金剛棒"デュランダル"
 御 利 益 :病毒に冒されない程度のご利益・怪我に見舞われない程度のご利益(以上人畜共通)、良い畜獣に恵まれる絶対的ご利益、
      足が速くなる程度のご利益

 煩悩界六道は第四道、畜生道を摂化する。大日如来が持つ陽力素の応現体である。
 馬頭人身二臂にして静謐形、胸前で馬の頭部を表した虚心合掌もしくは蓮華合掌による馬頭印を結び、警覚策励である宝棒を合わせ持つ。
 頭上に大自在天の応現たる一角冠を戴き、大梵天より得た白金の鎧で身を包む。また、摩利支天を相量とし、その威力はたてがみに現れる。立位を取る。
 サンスクリットの"hayaśirṣa"は「馬の首を戴くもの」を意味する。馬頭明王とは異なる。
 馬頭観音は、馬の持つ力強さに菩薩の衆生救済の徳力を仮託したものであり、病疫、天災、争乱など、人身に仇名す一切の障碍を取り除くといわれる。
 また、争乱時の慣習から狭義の戦馬、やがて広義の家畜の守護尊と祀られた。

(尊像出典:『観音経』)