現代佛師による図像抄 Wii LOVE BUDDHIST IMAGE

chintamanicakra2.jpg

 ク ラ ス : 六観音
 真   言 : オン ハンドマ シンダ マニ ジンバ ラ ソワカ
 種   子 : hriiH
 三昧耶形: 三瓣宝珠 八輻金輪 紅蓮華
 御 利 益 :いかなる願いも叶える程度のご利益、いかなる煩悩も打ち砕く程度のご利益、いかなるときも遅刻しない程度のご利益

 煩悩界六道は第一道、天上道を摂化する。
 二臂にして思惟相、輪王座位を取る。

 人間以上に我侭かつ横暴な天部の神々を教化する使命を持つ。
 衆生には"煩悩を抱える者をいかに救うか悩んでおられる"と思われているようだが、願いを請われれば宝珠にて願いを叶え、悩み持つ者は輪宝にて
煩悩を打ち砕けば良いため、実は特に悩んでいるわけではない。そういう顔。

 普段から無口で、妄想するのが好き。
 「時の車輪」を操り、いかなる場所にも速やかに現れる。
 『汝、願初か、煩悩か』と問われたときは、『御仏の御心とともに』と答えれば、願いを叶え、悩み事を打ち消してくれる。
 『御仏の御心のままに』と答えてしまうと、願い事は叶えられず、悩み事も打ち消されないまま、立ち去られてしまう。
 如意輪観音は基本的に世事には興味がない。
 したがって、衆生の願いも煩悩も、叶えても叶えなくても、打ち消しても打ち消さなくても、どちらでも良いと思っている節がある。