現代佛師による図像抄 Wii LOVE BUDDHIST IMAGE

pck_maitreya.jpg

尊像

尊像在所

儀軌

仏階概観

 梵   名 : マイトレーヤ [Maitreya]
 ク ラ ス : 未来仏 一生補処 胎蔵界四菩薩
 真   言 : オン マイタレイヤ ソワカ
 種   子 : yu
 三昧耶形: 賢瓶(聖油瓶)
 御 利 益 :指導者的資質に恵まれる程度のご利益、授業中に手を上げる勇気が湧く程度のご利益、試験に受かりやすくなる程度のご利益

尊能諸元

 釈迦如来の正統な後継。
 釈迦が後継者の選定に悩む中、授肉の時代に自ら名乗りをあげる。
 釈迦の入滅後56億7千万年後の未来に現世降臨するための処理記別(授記)を施された超意識体。
 アルゴリズムはアーガマ法、プログラミング言語はサンスクリット、コンパイラで星幽体と物理体にコンパイルし、それをインタプリタで降臨させる。
 現在は兜率天と呼ばれる、ネットワーク上に存在するが、後の世の龍華樹下に下生し、釈迦の世で救済されなかった衆生を救う、とされる。
 「龍華樹」が何、あるいはどこを指すのかが、下生信仰者の、もっぱらの関心事。

 弥勒信仰には、衆生が自らの直霊を兜率天にアップロードしようとする上生信仰とともに、前述のような弥勒菩薩御自らの降臨に備え、ダウンロード環境を整えようという下生信仰が存在する。

 法相宗では教主として崇められ、興福寺の前身である山階寺を創建した藤原鎌足やその子・不比等も弥勒菩薩(如来)を信仰していたとされる。

(所依経典:『弥勒大成仏経』)