現代佛師による図像抄 Wii LOVE BUDDHIST IMAGE

vajrasattva.jpg

尊像

尊像在所

* 金剛薩埵菩薩坐像 - 教王護国寺(東寺) 講堂(京都府):国宝

儀軌

仏階概観

 梵   名 : ヴァジュラサットヴァ [vajrasattva]
 真  名 : 散那(Sandah)
 ク ラ ス : 普賢同体(普賢金剛応現摂化)、秘密主
 真   言 : オン バサラ サトバ アク
 種   子 : aH(金剛界)、huuM(胎蔵界)
 三昧耶形: 五鈷杵(右:大毘盧遮那 左:真実摂 しんじつしょう)
 御 利 益 :ひらめき冴える程度のご利益、固く結べばその意志を貫ける程度のご利益、望むままに出世できる程度のご利益

尊能諸元

 大日如来の正統な後継。
 帝釈天と同じヴァジュラパーニ(雷霆使い、すなわち釈迦如来の警護兼補佐役)でありながら、帝釈天とは異なり、その前身が下級の鬼神であったため、ヴァジュラパーニとなった初期は不遇を託つ。しかしながら、その揺るぎない菩提心が釈迦に認められ、菩薩となることを許される(「金剛手菩薩」時代)。そして、ついには大日如来より直接、秘密王経『大日経』『金剛頂経』を授かり、金剛薩埵(ヴァジュラサットヴァ)の梵名を受けることとなった。
 先祖(せんそ)大日如来の入滅後、法身普賢王如来(前期大日如来身)、智剛吼自在相王如来(後期大日如来身)を経て、大日如来となる。
 大三千大世界きっての出世仏。

 「~菩薩」とつかないゆえ、信奉する人ぞ知るマニアックな御仏ではあるが、古来より成功や出世を望む者には熱心に信奉されてきた存在。

(所依経典:『金剛頂経』)