現代佛師による図像抄 Wii LOVE BUDDHIST IMAGE

Am_skanda_p0.jpg

尊像

43-01_21b.jpg
仏像図彙所収

尊像在所

* 韋駄天立像 萬福寺(京都府宇治市):中国禅宗様式の天部神像
* 多くの禅宗庫裡に安置されています

儀軌

仏階概観

 梵   名 : スカンダ [al-xandar الإسكندر‎]
 ク ラ ス : 増長天八将、四天王三十二将筆頭、護世二十天
 真   言 : オン イダテイタ モコテイタ ソワカ
 種   子 : ska
 三昧耶形: 金剛刀大自在・烏摩
 御 利 益 :足が速くなる程度のご利益、捜し物が見つかる程度のご利益、病魔災厄を殲滅する程度のご利益、世界最強になれる程度のご利益

尊能諸元

 四天王は増長天の眷属、八将軍の一神。四天王軍三十二大将を統べる筆頭でもある。ゆえに韋天将軍と呼ばれるが、帝釈天に代わって天軍の王となるとき、大韋王と改められる。大自在天を父に持ち、烏摩妃を母に、象鼻天を弟とする。
 威徳では父に及ばず、智慧では弟に敵わないがひたすらに純真。純粋がゆえの妄信の体現。この当時、釈迦如来を盲目的に尊崇し、捷疾羅刹が仏舎利※1 を奪って逃げ去ったときには、これを追い、八つ裂きにして奪い返している。
 元来、精薄弱に生まれるも、増長天の下にて成長し、帝釈天亡き跡目を継ぐ。
 その肌鳥の子にして、髪練象牙の如し、天眼は碧玉の輝きに似たり。展左※2 を取る。

 孔雀明王より授かった孔雀のパルヴァニ(Parvani)をかわいがっており、獣座様にて顕現するときは、これをヴァーハナ(愛獣)とする。

 ※1 釈迦が人として存在したときに残された遺骨
 ※2 左脚を伸ばし、右脚を屈曲させた、地に足を踏みしめる、もしくは飛び上がるかのような像容。インドの忿怒尊でよく見られ、日本の仏像でも明王ほか、蔵王権現などに見られる。

(所依経典:『金光明経鬼神品第十三』)