現代佛師による図像抄 Wii LOVE BUDDHIST IMAGE

Ak_Vaisravana2.jpg

尊像

尊像在所

* 多聞天立像 - 教王護国寺(東寺) 講堂(京都府):重要文化財

 梵   名 : ヴァイシュラヴァナ [Vaiśravaṇa वैश्रवण] 毘舎羅門
 ク ラ ス : 十二天、千手観音二十八部衆、四天王
 真   言 : オン ベイシラマンダヤ ソワカ
 種   子 :vai
 三昧耶形:三叉戟(マルテ Maltet)
 坐  壇 : 大自在王焔面座
 御 利 益 :北方より来る病魔災厄を退ける程度のご利益(大破魔)、勝機を逃さない程度のご利益、財を成す才能を得る程度のご利益
      いかなる外敵の侵略も破防する程度のご利益

 六欲天の第一天・四王天は須彌山の北、北倶盧洲(ほっくるしゅう)を守護する。
 水精埵(すいせいた)は天敬宮を居城とす。
 肌鳥子(とりのこ)にして、白金流柳髪に紅蓮華眼、北方の神特有の容貌を持つ。無愛想なジト目、排他的な印象を見せる引き結ばれたへの字口が、畏敬の念を起させるが、「毘沙門さん」の呼称で一方的な愛をささげる衆生が続出、不思議なカリスマ性を持つ。

 八部鬼衆のうち夜叉(ヤシャ)、羅刹(ラセツ)を眷属とする。

(所依経典:『般若守護十六善神王形体』)