現代佛師による図像抄 Wii LOVE BUDDHIST IMAGE

Ul_dhrtarastra.jpg

儀軌

仏階概観

 梵   名 : ドゥリタラーシュトラ [Dhṛtarāṣṭra धृतराष्ट्र] 提頭頼咤
 ク ラ ス : 四天王
 真   言 : オン ヂリタラシタラ ララ ハラマダノウ ソワカ
 種   子 : dh
 三昧耶形: 仙細剣(ファン・ゲール Fine-Guerre)
 御 利 益 : 東方より来る病魔災厄を退ける程度のご利益(大破魔)、家族・仲間を無事に守りきる程度のご利益
       自ら裏切らない限り自らも裏切られない血の盟約、動物(ペット)を手なずけられる程度のご利益、国体を護持する程度のご利益

尊能諸元

 六欲天の第一天・四王天は須彌山の東、東勝身州(とうしょうしんしゅう)を守護する。
 賢上城を居城とす。
 フラクスンの髪、エメラルドの瞳、ポーセリンの肌を持つ※1
 最西域の凱爾特神、丝绸之路(シルクロード)はおろか黒海すらも越えた先より請来された戦女神といわれる。

 賢上城北部の聚鳳山にある青龍湖の青龍を調伏することで契約を結び、その力を自らのものとする。※2
 しかしながらこのとき、自らも視力のほぼ大半を失っており、それゆえ盲目王と称されることもある。天縁を見通すといわれる金剛器「浄天眼」(じょうてんがん)は持國天の盲目を補うためのもの。

 八部鬼衆のうち乾闥婆(ガンダルヴァ)、畢舎遮(ピシャーチャ)を眷属とする。

 好きなものは酸っぱいもの、特にヴァージュースたっぷりのミンスパイを好む。また、ピクルスも常食。

 ※1 髪は金精双纏髪(きんせいそうるほつ)、瞳は天金眼(てんこんがん)と漢訳される。天金眼とは、鮮やかな薄青、もしくは深緑の瞳をいう。
 ※2 青龍は当初、持國天を聚鳳山の和を乱す異教の神とみなしたため、持國天に挑んでいる。青龍は、持國天との邂逅より数百年前、聚鳳山東部の汶川河口に現れた独角蛟・泥鰍精の魔獣を退けており、外界からの接触にはひどく過敏になっていた。

(所依経典:『四天王経 』)

Wikipedia

持国天