現代佛師による図像抄 Wii LOVE BUDDHIST IMAGE

pck_varna.jpg

 梵   名 : ヴァルナ [Varuṇa]
 ク ラ ス : 護世八方天、十二
 真   言 : オン バロダヤ ソワカ
 種   子 : va
 三昧耶形: 宝剣、星雲、倶梨伽羅龍笄、開敷蓮華、天鼓
 御 利 益 :閃き冴える程度のご利益、一生をつつがなく終える程度のご利益、雨に降られない程度のご利益、水に困らない程度のご利益
      子供に恵まれ心安く育てられる程度のご利益

 雷雨を司る二量天の一柱。また八方天、十二天の一柱として、須弥山の西を守護する。
 天鼓(てんく)を用いて雷雲を呼び、天空の水を操る能力を持つ。
 一面二臂(無角)、散髪琥珀色にして華鬘花を写すと言われれる。体躯は胡粉に桜が差すとされ(胡粉に桜=白い肌が薄く血色を帯びる様子)、
多く鬼神座にて顕現する。裸形に如来と同じ衲衣(のうえ)を纏い、天鎖を纏う*。霆(いかずち)を呼び、水滴や氷晶を操るための天鼓を持つ。
 単独で信仰されることはほとんどないが、両界曼荼羅や十二天の一尊として描かれる他、広くは風神雷神の名称で知られる。

 元は天地を保持し、森羅万象のすべてを司る三千大千世界の王であったが、天界統治のための徳を帝釈天に譲り、世界統治のための徳を梵天に譲り、
冥界統治のための徳を閻魔天に譲る。自らは縛魯拏(ばろだ)龍王となり、水神の長として龍族を治めることとした。
 無相にして無二無別なる如来の大悲、大智を体現する擬神態でもある。

* 衲衣とは、大きな一枚布であり、これを体に巻きつけて衣と成している。
  風神の場合は、両肩を衲衣で覆わない「無方(むげん)」と呼ばれる姿で描かれることが多い。
  この水天は水天が本来持っていた最高位の階梯で表わされている。
 仏界では裸形ほど高位の階梯を表し、本来は全裸がもっとも高位となる。

(所依経典:『陀羅尼集経』)

 Vāyu is one of the primary Hindu deities, the Lord of the wind.