現代佛師による図像抄 Wii LOVE BUDDHIST IMAGE

七仏薬師如来 第二王尊

ほうげつちごんこうおんじざいおうやくし

Rn_bhaisajyaguru2.jpg

尊像

12-02_4a.jpg
仏像図彙所収

尊像在所

* 薬師如来坐像 - 仁和寺霊明殿(京都府):国宝
* 薬師如来坐像 - 醍醐寺平成館(京都府):国宝
* 薬師如来坐像 - 教王護国寺(東寺)金堂(京都府):重要文化財

儀軌

仏階概観

 ク ラ ス : 東方浄土妙宝世界醫王
 真   言 : オン コロコロ センダリ マトウギ ソワカ
 種   子 : ra
 三昧耶形: 薬壺、宝壺
 御 利 益 :衆生万民の心身万難を排し、寿徳円満ならしめる薬師瑠璃光如来の絶対的御利益を輔弼ならしめるご利益

尊能諸元

 七仏薬師のうちの第二王尊※1仏界は東方浄土に在する薬師妙宝世界に住す。距離にして東へ五競伽沙(5×10の52乗由旬)※2
 薬師如来とほぼ同じ種類の能力を持つが、特に医事技術に関するテクノロジーを得意とする。

総身宝金剛の光厳に包まれ、鏡面より放たれる射光にも似たり。 右臂を思惟にて上揚し、左臂は降魔印にて蓮華台に突く。薬壺(やっこ)を傍らに置いた数少ない像容。※3

 ※1 他の薬師仏は以下。
   第一王:善名称吉祥王如来(ぜんみょうしょうきちじょうおうにょらい)
   第三王:金色宝光妙行成就王如来 (こんじきほうこうみょうぎょうじょうじゅおうにょらい)
   第四王:無憂最勝吉祥王如来 (むうさいしょうきちじょうおうにょらい)
   第五王:法海雲雷音如来 (ほうかいうんらいおんにょらい )
   第六王:法海勝慧遊戯神通如来 (ほうかいしょうえゆげじんつうにょらい)
   大医王:薬師瑠璃光如来 (やくしるりこうにょらい)
 ※2 およそ70 x 10の52乗kmぐらい。
 ※3 思惟像は弥勒菩薩や如意輪観音でよく見られる。如来は基本的に個々の万象には斟酌や忖度はしないため、思惟を結ぶことは少ない。病苦に悩む衆生をいたわる薬師如来の御姿を表したものと思われる。降魔印を結ぶ像容もまた珍しく、思惟印と対をなすように、病魔折伏(びょうませつぶく)を表したものと考えられる。天平・白鳳期以前、飛鳥時代に作られた薬師如来像では、釈迦如来像と酷似していることも含め、薬壺を坐前に置いたものなど、左手のひらに載せていない像容が見られる。

(所依経典:『薬師瑠璃光七仏本願功徳経』)