現代佛師による図像抄 Wii LOVE BUDDHIST IMAGE

Is_dhrtarastra_NxG.jpg

儀軌

仏階概観

 梵   名 : ドゥリタラーシュトラ [Dhṛtarāṣṭra धृतराष्ट्र] 提頭頼咤
 ク ラ ス : 四天王
 真   言 : オン ヂリタラシタラ ララ ハラマダノウ ソワカ
 種   子 : धृ(ヂリ dh
 三昧耶形: 倶梨伽羅剣(エルハァイング Adelring)
 坐  壇 : 鬼岩座(スクリーチ Screech)
 御 利 益 : 東方より来る病魔災厄を退ける程度のご利益(大破魔)、家族・仲間を無事に守りきる程度のご利益
       自ら裏切らない限り自らも裏切られない血の盟約、国体を護持する程度のご利益

尊能諸元

 六欲天の第一天・四王天は須彌山の東、東勝身州(とうしょうしんしゅう)を守護する。
 賢上城を居城とす。

 増長天、広目天、多聞天とともに四天王として、仏界の安寧を司る。
 八部鬼衆のうち乾闥婆(ガンダルヴァ)、畢舎遮(ピシャーチャ)を眷属とする。

 歴代持国天の中でも後代の姿、また剣服式(ソードフォーム)※1 として描かれている。持国天の基本カラーは青。三昧耶形の倶梨伽羅剣は各金剛杵を観想することにより、 宝剣模式(ソードモード)、宝弩模式(ガンモード)、宝斧模式(アックスモード)、宝棍模式(ロッドモード)へと応現させ、罪障を摧破し、善根には功徳を授ける。

 ※1 夜叉が起こした菩提心を悟りに変換して応現する四天王の基本形態。変換により夜叉は石化(浄化)し、六道へと送りこまれる。

(所依経典:『金光明最勝王経』)

Wikipedia

持国天