現代佛師による図像抄 Wii LOVE BUDDHIST IMAGE

HOME > 10 Appellations > BuDDAH10

Ten characteristics of a Buddha-
10 kinds of honorific title for the Buddha -The scripture is written ten eulogies of the our Buddha.

sign.png

真実のままに現れて真実を人々に示す者。
真実の世界に至り、また真実の世界から来られし者を如去如来という。

十号の零。
如来は向下利他の意となり、この二語にて仏の無住涅槃(涅槃に止まざる)を顕す。しかして如去如来は、如来と略称された。

thus gone, thus come

釈迦_0125.jpg

煩悩の尽きた者

十号の一。
応受供養の意で、人間や天上の者々から供養を受けるに足る有徳の士をいう。

Worthy One
Arhat in Buddhism, signifies a spiritual practitioner who has realized certain high stages of attainment.

LinkIcon御法楽を捧ぐ

sign.png

一切智を具し一切法を了知する者。

十号の二。
宇宙のあまねく物事、現象について正しく知る者をいう。

perfectly self-enlightened
Samyak-sambuddhas gain Nirvana by their own efforts, and discover the Dhamma without having a teacher to point it out. Three variations can be distinguished in the way of achieving Samyak-sambuddha-hood with more wisdom (prajñādhika), with more effort (vīryādhika) or with more faith (śraddhādhika).

sign.png

三明と三業を具足する者。

十号の三。
すなわち『大智度論』によれば、明とは宿命・天眼・漏尽の過去現在未来の三明、行とは身口意の三業、足とは本願と修行を円満具足することをいう。
また『涅槃経』によれば、明とは無上正遍知(悟り)、行足とは脚足の意で、戒定慧の三学を指し、御仏は三学の脚足によって悟りを得たことから明行足という。

perfected in knowledge and conduct

Rb_sakya_th.jpg

智慧によって迷妄を断じ、欲界を出た者

十号の四。
善く因より果に逝きて還らぬという意味で、無量の智慧であらゆる煩悩を断ち尽し、欲界を脱した者をいう。

Well Gone

LinkIcon御法楽を捧ぐ

sign.png

世間・出世間における因果の理を解了する者。

十号の五。
御仏は世間の有情をよく了解することからいう。

knower of the world

sign.png

惑業が断じつくされて世界の第一人者となれる者。

十号の六。
御仏は衆生の中において最も尊き無上の大士なるゆえ、御仏の悟り以上に上はないことをいう。
すなわち『涅槃経』では、「仏は無上士とも名付け、三宝中においては仏こそ最も尊上となす」と説く。

unsurpassed

sign.png

衆生を調(ととの)え、御して悟りに導く者

十号の七。
御仏は衆生に対し、大慈大悲を以て、あるときはやさしい言葉で、またあるときは苦言や悪言を用いて接し、機会を見ては示唆を与え、正道を失うことがないように導く者であるという意。

Tamer of Stray Sheep

sign.png

天人の師となる者。

十号の八。
御仏は正法を以て人間・天上の者を教導するから天人教師、すなわち天人師という。

teacher of the gods and humans

sign.png

煩悩を滅し、無明を断尽し、自ら悟り、他者を悟らせる者。
真実なる幸福者。

十号の九。
「仏」とは仏陀の略で、智者・覚者を意味する。
「世尊」とは、あらゆる功徳を円満に具備して、よく世間を利益し、世に尊重せらるることを意味し、世において最も尊い存在であることから仏世尊という。

The Blessed Enlightened One